読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も読める絵本

ちょっとみつけたいい絵本♪を中心にその他よかったものことを紹介していきます。

『ケチャップマン』

ケチャップマン』

         鈴木のりたけ

            

 

 

ケチャップマン。なんだこの本~って表紙を見て思いました。

ケチャップが人型になって八百屋で野菜を物色中。

生活しているのでしょうか、、、。

 

私の大好きな鈴木のりたけさんです。

なぜこんなに笑っちゃうんでしょう。

 

鈴木のりたけさんの本はこちらもとっても

おもしろかったです。

マンガをまじえて自分の子育ての日々を

のりたけさん視点で書かれていますが、

文章もおもしろすぎて、こんなふうに日々を見ていたら

子育てって楽しそう(^^)

のりたけワールドで、子育てに限らずこんな目線で

生きていたいものです。

 

 

 

ストーリー。

ケチャップはケチャップとして自分にしかできないことを

探索中の日々。ある日、ファーストフード店に雇ってもらう。

店長にポテトの揚げ方を厳しく猛特訓されます。

頑張って働く日々の中、頭がトマトの形をしたトメイト博士が来店。

ケチャップマンのケチャップを気に入り、ケチャップマンも

店長に気に入られるようになります。

しかし、毎日来店し、ポテトとケチャップを食べる度に

トメイト博士の頭は膨張していくのです、、、

 

最後はどんなことになってしまうのでしょう☆☆☆☆

 

文章はリズミカルな文体で書かれていてなぜかそれも

笑いを誘います。

 

 「じぶんにしかできないなにかをさがして

  まいにちなやむケチャップマン」

「きょうもおそくにかえりつき ひとりながめるまちあかり」

「つかれてかえるゆうぐれのみち

 あたまのキャップをなでるかぜがふいにぼーっというおとを

 たてるとケチャップマンはひさしぶりにわらった」

 

  完全にこれは大人絵本ですが、絵本ていろいろなものが

 あって本当に楽しいです。

 昔はこういうのあったのかな?

 サラリーマンのような哀愁たっぷりのケチャップマン。

 お父さんに読んでもらいたい絵本です。

 読み聞かせとかじゃなくて。なぜか共感できます。