読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も読める絵本

ちょっとみつけたいい絵本♪を中心にその他よかったものことを紹介していきます。

『だいじなだいじなぼくのはこ』

『だいじなだいじなぼくのはこ』

      

               作益田ミリ・平澤一平

 

 

 

 

だいじなだいじなぼくのはこ

だいじなだいじなぼくのはこ

 

 

 

           

 

 だいじなだいじなぼくのはこ。

益田ミリさんの絵本は以前にご紹介させていただいて

絵本があり、(↓これです。)

 

noerimo.hatenablog.com

 

 

 

益田ミリさんのマンガも核心をつく言葉がふいに

あったりして好きなのですが、

今回の絵本は↑の絵本の少しあとに出ている絵本でした。

 

どちらも大好きな絵本です。

ストーリーはシンプルで車が突き進んでいくというより

ひとりで冒険しながら走っています。

道中にはいろんな困難がまっていますが、そのとき

自分のもっている荷物イコールはこの中になにかがあることに

気づきます。それは、なんなのでしょう。

 

答えは"自分の力"が入っているのです。

その力は自分自身もまだまだ知らない自分だけの力が

はいっていました。

 

「たったひとりでここまできたよ

 どこからきたの?なにしにきたの?

 きゅうなさかみちのぼれるの?

 できないんじゃない?むりじゃない?」

 

 「ぼくにはつんでるにもつがあるよ

  ぼくのちからがはいってる

  ぼくもしらないちからのつよさ」

 

とても言葉のちからを感じる絵本でした。

言葉ってすごいな~。

説明など不要な絵本。ほんとに読んでみてほしいです。

迷った時や弱気になったときにこういう絵本が

あるからやっぱり絵本が好きだなと思います。

 

これからいくつになっても、そんなときに

開きたい絵本です(^^)。