読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も読める絵本

ちょっとみつけたいい絵本♪を中心にその他よかったものことを紹介していきます。

『ちびうそくん』

 

『ちびうそくん』

      

               乾栄里子作・西村敏雄

            

 

 

 

ちびうそくん (わたしのえほん)

ちびうそくん (わたしのえほん)

 

 

 ひさびさの更新です。

今回は『ちびうそくん』です。

西村敏雄さんの絵が素朴で好きで、ほかにも絵で惹かれる絵本が

多々ありです(^^)

 『ちびうそくん』はもちろんお話しもステキです。

 

ストーリー。

 

 ちびうそくんはまちへやってきました。

 そこで出会った女の子とお母さん。

 女の子が「ママー、みてー、かわいい」とちびうそくんに

近づいてきました。

 ちびうそくんはとびっきりかわいいお顔をしました。

 

 その時の顔はほんとに笑えます!

是非確認してみてください(^_-)

   

 

 ほんとに女の子にきにいられたかったんだろうな~

(^◇^)

 

 しかし、女の子が近づきたかったのはちびうそくんのうしろにいたパンダの看板(笑)

 「はーぼくだってよくみればかわいいのにな」

 

少しおちこむちびうそくん。どうやら今、まちではパンダが人気者のようです。

 落ち込んだちびうそくんはまちから帰ると

かものはしのかものくんとあいました。

 

 落ち込んだちびうそくんを元気づけようとかものくんはちびうそくんの歌をうたってくれるなまずの合唱団にあいにいって歌わせたり、パンダのパンツをうらやましがったちびうそくんのために、ちびうそくんのパンツをぬってくれるはりねずみの

おばさんのうちにいったりしました。

 

 でも、そこでも出されたのは人気者のパンダのパン。

 

「パンダパン、おいしいね、、、」

ちびうそくん。

「それじゃあぼくたちでじぶんのパンをつくろうよ」

かものくん。

 

 ふたりでちびうそくんとかものくんのパンを

つくりました。

 そこで、かものくんが言いました。

 「あのねちびうそくん。ぼくかんがえてたんだけど

 ちびうそくんはちびうそくんのままでさいこうだとおもうよ」

 

誰かほかの人になろうとしない、ときどき無意識にそのことを忘れてしまう、、、

 

でもやっぱり戻ってくるのは、

自分が自分らしいことが一番大切だし、

一番自分がイキイキできる気がしますね。

 

そんな大切なことをとびきりかわいい絵でほのぼののんびり伝えてくれる絵本です★

 

オススメ。

 

そしてなにより、ちびうそくんと同じくらい

の大切な影の主人公、かものくん。

 

とっても優しいお友達。

 

こんな友達大切にできないわけありません。

 

大好きなキャラクター\(^o^)/