読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も読める絵本

ちょっとみつけたいい絵本♪を中心にその他よかったものことを紹介していきます。

『まないたにりょうりをあげないこと』

『まないたにりょうりをあげないこと』

      

               シゲタ サヤカ著

            

 

 

まないたに りょうりを あげないこと (講談社の創作絵本)

まないたに りょうりを あげないこと (講談社の創作絵本)

 

 

 シゲタサヤカさん。

 

今回も相変わらずおもしろい私の大好きな

絵本。


.

 

 ストーリー。

 

 場面はとあるレストランの調理場。たくさんのコックさんたちがお料理をしています。

あるひ、一人のコックがとんでもないものをみてしまうのです。

 

それは、、、まな板がエビフライを食べようとするところ。

びっくりしたコックは周りのコックにそれをはなすのですが、

なにしろまちで一番人気のレストラン。

みんないそがしくてきいてもらえません。

 

そのひのばん、コックはまな板にエビをためしに一匹おいてみました。

すると、、、

 

ムシャリ!

「そうなの、ぼくたまーにおなかのうえのものをこっそりたべてるの。」

 

さかなのしっぽをちょっぴり。

にくのはじっこのそのまたはじっこを

すこしだけ。

 

 そんな日々の中、まな板は、コックに今度はレストランの料理をたべてみたいというのです。

 

シゲタサヤカさんのおはなしは奇想天外な感じがして、このままどうなっちゃうんだろう!?

と素早く話しが展開していきおはなしにのみこまれていくようです。

 

さて、先ほどのコックはまな板に料理をあげつづけたのでまた板は、おっきくおっきく育っていきます笑

 

それにきづいた料理長はいろいろあって結局

壁にはりがみをします。

 

・まないたにりょうりをあげないこと

・まないたはりょうりをたべないこと

 

どこか脇役だとおもっていたレストランの他のコックたちも愛情たっぷりなひとたちで、

まな板はまな板で最後までにくめない。

 

シゲタサヤカさんの絵本は登場キャラクターの表情も豊かでそちらにも目がいきます。

 

このおはなしはストーリーだけがおもしろいのではなくそういう全てが丁度いいのです(^ ^)