読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も読める絵本

ちょっとみつけたいい絵本♪を中心にその他よかったものことを紹介していきます。

『もぐらバス』

もぐらバス  

     佐藤雅彦+うちのますみ/著

 

 

 

 

もぐらバス (日本の絵本)

もぐらバス (日本の絵本)

 

 

 

   ほっこりしたいときに

     読みたい絵本!

 

 

☆あらすじと感想☆彡

   

 いきなり登場するある町で走っているバスのおはなしです。

 

 いぬのいるいえのおじいさんがほうきでシャッシャッとどうろをはいているおとがきこえます。

 おじいさんちのいぬは、ときどきじめんにむかってほえるのでよくおじいさんにしかられます。

 いぬはきづいているのです。

 じつは、このまちのじめんのしたにひとにしられていないまちがあることを、、、。 

 

 

 

 こんな感じでおはなしは始まります。

 その日々の中である大事件がおこるのです。

 しかも、その町とはなんと地下にあり、暮らしているのはかわいいかわいい動物達。

 モグラの運転手さんが、たくさんの動物たちをバスで運ぶのですが、、、

 乗客のお客さんたちは、ねずみのお母さんやら、スズメやらカメやら、とかげのおじいさんやら。

 

 事件がおきたときに、乗客の動物たちは、

『○○じゃしかたない』『○○じゃしかたない』ととっても寛容的であたたかいのです。

 

 じょうきゃくたちは、おしゃべりしたり、ほんを読んだりして、ことがおさまるのをのんびり待ちます。

 

 

 

 

 モグラバスのご案内として最初に絵本に書かれていることは、、、

 

 

 ☆ごあんない☆

 

・もぐらバスのうんちんは、1かい1えんです。

・こどもとろうじんかたはむりょうです。

・かえるのかたは、よくみずをふいてからのってください。

 

                  うんてんしゅより

 

 

 なんか、これだけ読んだだけでも雰囲気がつたわってきますよね。

 一体どんなことがおこるのでしょうか。

 そして、その出来事の結末はどんなふうに終わるのでしょうか!?

 最後まで期待を裏切らず、ほっこりあたたかいおはなしです。

 

  もぐらの運転手さんも登場する動物のお客さんたちもすべてが優しくかわいいです!

 そして、おはなし自体もかわいいくて。もうこうとしか伝えようがありません!

 

 絵も手書きのようなザラザラした感じで描かれています。

 

 

 その全てが混ざり合って読んでいる人をほっこりさせてくれるのかもしれません。

 是非、見て、確認してみてください☆

 

 大好きな一冊!!!(^◇^)